SMBCモビットでキャッシングする際の審査について

SMBCモビットに限らずカードローンを契約するには審査を受けなければいけません。特にSMBCモビットは消費者金融なので「貸金業法」の影響を受けます。そのため返済能力の調査を怠って過剰な貸付をすると懲役や罰金刑に科せられます。具体的にどのような基準で審査するのでしょうか。申込手順と合わせて紹介します。

SMBCモビットの審査は、返済能力と信用情報が重要

  • SMBCモビットの申込方法は5種類ある。
  • カード申込は方法によってカードを使えるタイミングが異なる。
  • 審査を受けるには本人確認書類と収入証明書が必要。
  • アプリやFAX、郵送、ローン申込機のスキャナーなど様々な提出方法がある。
  • 審査では返済能力と信用情報が重視される。

SMBCモビットの申込手順について

インターネットで申し込める「WEB完結」とは

SMBCモビットの申込方法は5種類あります。

  • インターネット
  • 携帯電話
  • ローン契約機
  • 電話
  • 郵送

このうちインターネットからの申込に限り、「カード申込」と「WEB完結」の2つを選べます。

WEB完結とはインターネット上ですべての手続きが完了する申込方法で、カードは発行されませんが振込キャッシングはできます。(※)
※:申し込みの曜日、時間帯によっては翌日以降の取り扱いとなる場合があります。

カードを発行するのと違って手続き完了後にすぐ利用できるのがメリットです。

ただしWEB完結は、三井住友銀行か三菱UFJ銀行の普通預金口座を保有しており、かつ社会保険証か組合保険証を保有していなければ利用できません。それ以外はカード申込になります。

インターネットによるカード申込の手順

インターネットでカード申込するには、パソコンやスマートフォンで「カード申込」のボタンをクリックして申込画面にアクセスします。

名前や生年月日、住所、電話番号、メールアドレス、年収、希望借入額などを入力後、簡易審査を受けます。

それで問題が無ければ先に進めてユーザーIDが発行されます。

その後、本審査を受けるにあたってインターネット上やSMBCモビットのアプリから必要な書類を提出します。審査が完了するとメールか電話で結果の連絡が来ます。平日の19時までの申込であれば最短30分です。(※)
※:申し込みの曜日、時間帯によっては翌日以降の取り扱いとなる場合があります。

SMBCモビットからカードと入会申込書などが届くので、記入して返送します。到着して不備がなければ手続きは完了し、カードを使って提携ATMからキャッシングできるようになります。

カードだけは先にローン申込機でも受け取れますが、入会手続きが完了しない限り使えません。

携帯電話は専用サイトから申込可能で、画面こそ違いますが手続きの流れはインターネットと同じです。両方とも24時間365日申込できます

インターネット以外のカード申込の手順

電話で申し込む場合

電話で申し込む場合は専用のフリーコールが窓口になり、オペレーターが申込情報を聞き取ってくれます。受付時間は9時から21時です。

その後、必要書類をオペレーターの指示どおりに提出すると本審査が行われ、結果が出ると折り返し連絡があります。

以降の流れはインターネットと同じで、カードや入会申込書などが送られます。

郵送で申し込む場合

郵送は順番が異なり、最初に入会申込書を入手します。コールセンターに手配したり、ローン申込機や三井住友銀行店頭から持ち帰ったりする方法があります。

必要事項を記入した後に本人確認書類と収入証明書の写しを添えてSMBCモビットに送ります。

到着後に本審査が行われ、完了すると電話で連絡があります。

審査に通ればすぐに契約が締結され、カードと契約内容確認書などが郵送されます。カードだけは先にローン申込機で発行可能で、すぐに提携ATMでキャッシングできます。

ローン契約機で申し込む場合

ローン申込機は8時から21時まで利用できます

最初から申し込む場合はまず画面の案内に従ってタッチパネルで必要事項を入力します。同時に本人確認書類を専用のスキャナーに読み込ませます。

次に収入証明書の写しを読み込ませて本審査を受けます。

この時点でローン申込機を離れても構いません。結果が出たら電話で連絡が来ます。審査に通過していればカードは直後から使えます。

後日、郵送で入会申込書などが届くので必要事項を記入して返送します。

SMBCモビットの審査に必要な書類

本人確認書類と収入証明書が必要

SMBCモビットで本審査を受けるには「本人確認書類」と「収入証明書」の2種類が必要です。

本人確認書類として利用できるもの

本人確認書類として利用できるのは以下のいずれかです。

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート
運転免許証

運転免許証は表面(変更がある場合は裏面も)を利用することができます。

健康保険証

健康保険証は氏名、住所、生年月日が記載されているページ(カード型は裏面も)の写しを用意すればできます。

パスポート

パスポートは顔写真と住所のページの写しを用意してください。

収入証明書として利用できるもの

収入証明書として利用できる書類は、給与の支給形態によって異なります。

会社勤めなど、給与を支給されている方

  • 源泉徴収票
  • 直近2か月分の給与明細書+賞与明細書

自営業者や個人事業主の方

  • 確定申告書
  • 所得証明書
  • 税額通知書
  • ※自治体へ請求することで発行可能です。

ただし自営業者や個人事業主は現年度の営業状況を確認するための書類を別途提出しなければいけない場合もあります。他の収入証明書で前年度が良くても、現年度はそうでない場合があるからです。

これらの書類を提出するにはインターネット上で画像として添付します。

他にもFAXでの送信や、郵送なら入会申込書との同梱、ローン申込機ならスキャナーの読み取りが可能です。スマートフォンの公式アプリなら撮影した画像をそのまま送信するだけです。

SMBCモビットの審査時にチェックされるポイント

「お借入診断」から見る貸付基準

SMBCモビットのホームページには「お借入診断」という項目があり、借入できるか簡単に診断できます。入力項目は生年月日、年収、他社借入金額の3つです。

SMBCモビットが貸付できる年齢は20歳から69歳までなので、それ以外は「借入できません」とメッセージが出ます。

特に未成年者は民法の第5条第2項により、親の同意なしに締結した契約はいつでも取り消せるため、貸付を行う相手としてハイリスクになるので、避ける傾向にあります。

消費者金融は貸金業法の影響によって年収の3分の1を超える貸付ができません。既に他社の借入がある場合はそれも含まれます。

そのためお借入診断で入力した他社借入金額が年収の3分の1以上になると「判断できません」と表示されます。

本審査では返済能力と信用情報を確認する

実際の審査においても収入や勤務先から返済能力を判断します。

収入は安定しているほど望ましく、虚偽申請を防ぐために必ず勤務先には電話で在籍確認を行います。

その結果に基づいて融資可能額が決定します。もちろん無職で無収入であれば審査には絶対通りません。

もう1つ審査において参照されるのが信用情報機関に登録されている信用取引の情報です。

信用情報機関には以下の3つがあります。

  • JICC(日本信用情報機構)
  • CIC(クレジットインフォーメションセンター)
  • 全銀協(全国銀行個人信用情報センター)

金融機関はどれかに必ず加入し自社で取引があれば情報を登録しています。また1つに加入していると他で登録されている信用情報も参照できるようになります。

信用取引の情報には申込履歴や契約情報、返済状況などが登録されています

延滞や債務整理などの金融事故があればそれも丸分かりです。

情報は一定期間残り、金融事故で5~10年ほどです。たとえ申込時にこれらを隠しても信用情報を参照すれば必ず分かってしまいます。

この記事のまとめ

SMBCモビットには5種類の申込方法があり、それぞれカードの発行や利用できるタイミングが異なります。また審査を受けるためには本人確認書類や収入証明書が必要です。こちらもアプリから郵送、FAX、ローン申込機のスキャナーまで様々な方法で提出できます。審査では返済能力や信用取引の履歴を見られ、在籍確認や信用情報機関の存在によってごまかしができないようになっています。

関連記事

父が交通事故、インターネットで調べ即日融資できるSMBCモビットで…

目次父が交通事故を起こし急きょ30万円が必要に、SMBCモビットで借金インターネットでSMBCモビットへ申請、即日融資のおかげで何事もなく問題解決SMBCモビットは対応が非常に親切で審査から融資までも ...

SMBCモビットの借り方~申込→審査→借入までの流れ

SMBCモビットは三井住友銀行グループの消費者金融です。同じ消費者金融のプロミス、アコム、アイフルと同…