高値で売れる不用品を売却して、欲しかった自転車を購入!今後は、高値で売れるかなど考えながら買い物をします。

※当メディアの価格表記は、すべて税抜です。

欲しい自転車が発売され、不用品を売ることでお金調達をしました。

男40歳の会社員ですが、自分が好きな自転車ブランドから、どうしても欲しい自転車が発売されて、最初は我慢していたのですが、とうとう我慢できなくなり、購入を決意しました。さて、その自転車購入のお金を工面するのに、もちろんなけなしの貯金を崩したりしたのですが、それでも足りず、仕方なく、持っていた不用品を売り払って資金を調達することにしました。

ビンテージものやホームシアターセットなど、金額が大きなもの売ることで必要な分のお金は集まりました。

最初に処分したのは、ビンテージのジーンズ。お気に入りの2.3本だけを残して、あとはリサイクルショップに持っていきました。あまり高い値で引き取ってもらうことができなかったのですが、少しは資金のたしになりました。次に売ったのが、ホームシアターシステムです。プロジェクターとロール式スクリーン、AVアンプ、スピーカー5台を、思い切って売り払うことにしました。

それまでは、DVDを借りてきては、自宅で映画を大画面で楽しんでいたのですが、液晶テレビも大きいものに買い換えていたので、それで出番が減っていたことを考えて、処分することにしました。これはさすがに、資金面の強力な援護射撃になりました。そうして、資金的にもようやく目処がつき、憧れの自転車を購入することができました。家の中が、ホームシアターがなくなった分、いささかスッキリしましたが、気分は晴れやかでした。

物を買うときは不要なときに質屋で高値で売れるか、長く使うかなど考えることで、後悔しない買い物ができます。

自分がどうしても欲しいものができたときは、我慢がなかなかできないものですね。今回はたまたま、不用品を売り払うという方法で、資金を調達できましたが、これはこれで、一つの方法だと思います。不用品を処分することは、家の中もスッキリしますし、欲しいものは手に入るわで、一石二鳥といったところでしょうか。

買い物をするときのコツのひとつとして、これが長く使えるものか、いざというときに、売却してお金にできるかどうかということまで考えて、買い物をすることをお勧めします。あとは、中古で売っているところがないかを探してみるのも、一つの方法です。

コンディションのいい中古品なら、新品を買うより、安く購入することができます。特にブランドものなどは、質屋さんで売っているものがお勧めです。質屋におけるブランド品の真贋の見分けは非常に厳しく、本物ばかり売っているので、安心して買うことができます。こうした安く購入するための工夫も必要でしょう。いずれにせよ、自分の欲しいものができたとき、いろいろ工夫して、お金を工面することは、今までの買い物を振り返ることにもなります。後悔のない買い物をするために、ものの良し悪しを見極める目を鍛えましょう。

関連記事

学生時代、趣味や遊びに出費してお金に困った生活をしていた話

目次3回の転職の後、収入や生活基盤も安定してきました大学生の頃、バイト代や奨学金を趣味の音楽に使っていました奨学金は今でも毎月返済して、あと少しで完済します 3回の転職の後、収入や生活基盤も安定してき ...

お得にカードローン!繰り上げ返済で減額する方法をご紹介

繰り上げ返済で減額する方法 カードローンを利用した場合、返済をしていかなければいけません。一般的にカードローン会社では、月に1度の返済期日を設けていて、毎月の最低返済額を設定しています。しかし中には、 ...

カードローンの歴史を知りたい方向け|消費者金融のルーツ

カードローンの歴史を知りたい カードローンの歴史を遡っていくと、人にものを貸すという行為そのものの歴史を振り返ることになります。農業や漁業などが経済の中心だったころから、食料や仕事・生活に必要な資材の ...

カードローンでポイントを貯めよう|賢いお金の借り方

カードローンでポイントを貯めよう クレジットカードなどを利用すると永久不滅ポイントなどのポイントが貯まり、様々なサービスの利用・商品との交換・ATM時間外手数料無料などの特典を受けることができます。実 ...

20代前半の頃に友人から借金、クレジットカードがあれば急な出費の…

20代前半だったころの話です。 新幹線代が足りなくなり、友人から2万円借りることに 大ファンだったバンドのライブが東京であり、地方に住んでいた私はバイト代をはたいてライブチケット、新幹線の切符、そして ...