主人が家計にお金を入れてくれなくなった…原因は株で失敗して400万円の負債を抱えたからでした。

※当メディアの価格表記は、すべて税抜です。

主人の給料から生活費や養育費を払っていましたが、ある日主人がお金を家に入れてくれなくなりました。

私は、32歳の兼業主婦です。仕事は大学卒業以来ずっと同じ会社なのですが、金融関係です。入社10年目なので、任されることも多い立場になってきています。そして結婚して4年、1歳の子供もいます。主人とは、共通の銀行口座を保有しており、主人が振り込むお金から子供にかかるお金や生活費、家賃などをやりくりしています。

それで、ずっとうまくやってきていたはずだったのに、主人が家にお金を入れなくなってしまいました。

主人のお金が無くなってから、私の給料と貯金でやりくりしていました。

子供にもお金はかかりますし、日々の生活のこともあります。理由を聞いても、何も話す気がないようでした。私が解決できれば良いのですが、元々給料が安く時短勤務をしていることと、実家に仕送りをしていることなどで、余裕は全くありません。しばらくは、貯金を使ってなんとかしていました。

そして、私が口座振替の日を把握していなかったせいで、プロバイダの会社から引き落としができないと連絡が入りました。すぐに入金して対応したのですが、数千円も引き落としができない状況が情けなくなってしまいました。

主人がお金を入れてくれなくなった原因は株の失敗でした…株で失敗した400万の負債は母親に肩代わりしてもらい、生活費も50万円いただきました。

そこで、再度主人を問い詰めたのです。すると、やっと話してくれました。株で失敗してしまったと言うのです。私は、株のことはよく知りませんが、株に失敗して家や車などの財産を失った人を知っているので、恐ろしくなりました。更に問い詰めると、400万円程の負債を抱えていることが分かりました。

人間、誰しも失敗することはありますが、それならそうと早く言って欲しかったです。子供のためにも、お金は必要なのに、家に何も言わずに急にお金を入れなくなるというのは、人としていかがなものかと思いました。

結局、その負債については、主人の母親が肩代わりをすることになりました。しかも、私のことまで心配してくれて、当面の生活費として50万円渡されました。受け取るかどうか悩みましたが、その時の自分には、数万円でもありがたかったので、受け取りました。

主人の母親が工面してくれなかったら、おそらく消費者金融やカードローンを利用して、首が回らない状態に陥っていたと思います。だから、もう少し落ち着いたら、少しずつ恩返ししなければならないと考えています。

もうこのような状況にならないためにも、主人の通帳やクレジットカードを全て管理することにしました。主人もさすがに反省したようで、今後は夫婦で協力し合っていかなければと思います。子供も進学するとどんどんお金がかかります。子供に苦労させないためにも、今のうちから蓄えておきたいです。

関連記事

学生時代、趣味や遊びに出費してお金に困った生活をしていた話

目次3回の転職の後、収入や生活基盤も安定してきました大学生の頃、バイト代や奨学金を趣味の音楽に使っていました奨学金は今でも毎月返済して、あと少しで完済します 3回の転職の後、収入や生活基盤も安定してき ...

お得にカードローン!繰り上げ返済で減額する方法をご紹介

繰り上げ返済で減額する方法 カードローンを利用した場合、返済をしていかなければいけません。一般的にカードローン会社では、月に1度の返済期日を設けていて、毎月の最低返済額を設定しています。しかし中には、 ...

カードローンの歴史を知りたい方向け|消費者金融のルーツ

カードローンの歴史を知りたい カードローンの歴史を遡っていくと、人にものを貸すという行為そのものの歴史を振り返ることになります。農業や漁業などが経済の中心だったころから、食料や仕事・生活に必要な資材の ...

カードローンでポイントを貯めよう|賢いお金の借り方

カードローンでポイントを貯めよう クレジットカードなどを利用すると永久不滅ポイントなどのポイントが貯まり、様々なサービスの利用・商品との交換・ATM時間外手数料無料などの特典を受けることができます。実 ...

20代前半の頃に友人から借金、クレジットカードがあれば急な出費の…

20代前半だったころの話です。 新幹線代が足りなくなり、友人から2万円借りることに 大ファンだったバンドのライブが東京であり、地方に住んでいた私はバイト代をはたいてライブチケット、新幹線の切符、そして ...