カードローンをする前に絶対知っておきたい法改正のこと

カードローンをする前に絶対知っておきたい法改正のこと

2010年6月18日に改正貸金業法及び改正利息制限法、改正出資法という法律が施行されました。これらの法改正によって、カードローンサービスの一部が変更されています。昔カードローンサービスを利用して、しばらく利用していなかったけれども、久しぶりにカードローンを利用してみようと思っている人も多いでしょう。その場合、法改正によって今までのルールとは少し異なる所もあるかもしれません。特に以下のポイントに関しては、法改正によって変わっていますので注意しましょう。 まずは、改正貸金業法にとって、利息の範囲が変更されています。CDとATMも利用手数料やローンカードの再発行手数料、公租公課、貸金業法にのっとって公布された書面の再発行にかかる手数料などは法改正によって利息の中には含まれません。このため、カードローンサービスの中には、CDやATMを使ってカードローンを利用した場合、手数料負担をしないといけなくなる可能性があります。現在の各会社の対応を見てみると、1万円の利用金額であれば105円、それを超える利用額のときには210円の手数料が発生しますので注意しましょう。特にリボルディング払いにしている場合には、注意が必要です。リボ払いの他に随時返済をする時には、以上の手数料が発生します。利用するときにはこまめにではなく、まとまったお金の取引してできるだけ手数料負担を少なくできるように工夫する必要があります。 また法改正に伴い、ローンカードをもし紛失するなどして再発行を希望したのであれば手数料の負担をしないといけなくなります。カードの再発行に伴う実費に相当する部分を、お客さんが負担する形になりますので注意しましょう。現在のところ再発行にかかる手数料は税込みで、315円としている所が多いです。ただしこの再発行手数料の対象になるのは、カードローンの専用カードを持っている人だけ、となっている所もあります。 このように、法改正によって利用の仕方にもいろいろな違いが出てきています。法改正によって、どのような所が変わったかはカードローン会社のホームページでもいろいろと紹介されています。もし気になることがあれば、自分の利用している会社のホームページにまずはアクセスしてみることです。その他にもメディアでよく紹介されている、年収の1/3以上の借入ができない総量規制のことも、しっかりとチェックしておきましょう。そうすれば、法改正に合った利用の仕方がわかるはずです。

関連記事

念願のマイホーム購入のためにカードローンをつかってみました

目次マイホームがどうしても欲しい…家族みんなが家を気に入ったため、両親からお金を借りる相談をしました予想以上にお金がかかってしまい、500万円があっという間にになくなってしまいました昔は質屋さんが今よ ...

貯金ゼロでカードローン利用、車を現金で一括購入貯金ゼロになった…

目次車のローン、金利と手数料だけで40万円!ローンをやめて、現金で一括支払いを決意突然の出費が発生し、仕方なくでキャッシング、消費者金融は申し込まずキャッシングの返済に追われ家賃を滞納、買い物は計画的 ...

誰にもばれずにキャッシングしたい!絶対ばれない方法と3つの注意点

住宅ローンにより経済的にひっ迫、収入の減少や突然の出費などの危…

毎月13万円の住宅ローンが足かせに、収入の減少、突然の出費などに対応できずキャッシングや消費者金融の利用を決意 40歳男性会社員です。5年ほど前に転職してからは給料が減ってしまい、経済的に綱渡りの生活 ...

お金に困った時期は楽天カードのポイントキャンペーンを活用

お金がいる時が重なり、一気に生活が大変に 44歳女性でエステシャンをしています。最近一番お金に困ったときは、昨年子供が高校に入学した時に、入学準備にかかる教科書代や制服や体操服などの購入資金が予定より ...