カードローンをする前に絶対知っておきたい法改正のこと

※当メディアの価格表記は、すべて税抜です。

カードローンをする前に絶対知っておきたい法改正のこと

2010年6月18日に改正貸金業法及び改正利息制限法、改正出資法という法律が施行されました。これらの法改正によって、カードローンサービスの一部が変更されています。昔カードローンサービスを利用して、しばらく利用していなかったけれども、久しぶりにカードローンを利用してみようと思っている人も多いでしょう。その場合、法改正によって今までのルールとは少し異なる所もあるかもしれません。特に以下のポイントに関しては、法改正によって変わっていますので注意しましょう。 まずは、改正貸金業法にとって、利息の範囲が変更されています。CDとATMも利用手数料やローンカードの再発行手数料、公租公課、貸金業法にのっとって公布された書面の再発行にかかる手数料などは法改正によって利息の中には含まれません。このため、カードローンサービスの中には、CDやATMを使ってカードローンを利用した場合、手数料負担をしないといけなくなる可能性があります。現在の各会社の対応を見てみると、1万円の利用金額であれば100円、それを超える利用額のときには200円の手数料が発生しますので注意しましょう。特にリボルディング払いにしている場合には、注意が必要です。リボ払いの他に随時返済をする時には、以上の手数料が発生します。利用するときにはこまめにではなく、まとまったお金の取引してできるだけ手数料負担を少なくできるように工夫する必要があります。 また法改正に伴い、ローンカードをもし紛失するなどして再発行を希望したのであれば手数料の負担をしないといけなくなります。カードの再発行に伴う実費に相当する部分を、お客さんが負担する形になりますので注意しましょう。現在のところ再発行にかかる手数料は税込みで、300円としている所が多いです。ただしこの再発行手数料の対象になるのは、カードローンの専用カードを持っている人だけ、となっている所もあります。 このように、法改正によって利用の仕方にもいろいろな違いが出てきています。法改正によって、どのような所が変わったかはカードローン会社のホームページでもいろいろと紹介されています。もし気になることがあれば、自分の利用している会社のホームページにまずはアクセスしてみることです。その他にもメディアでよく紹介されている、年収の1/3以上の借入ができない総量規制のことも、しっかりとチェックしておきましょう。そうすれば、法改正に合った利用の仕方がわかるはずです。

関連記事

学生時代、趣味や遊びに出費してお金に困った生活をしていた話

目次3回の転職の後、収入や生活基盤も安定してきました大学生の頃、バイト代や奨学金を趣味の音楽に使っていました奨学金は今でも毎月返済して、あと少しで完済します 3回の転職の後、収入や生活基盤も安定してき ...

お得にカードローン!繰り上げ返済で減額する方法をご紹介

繰り上げ返済で減額する方法 カードローンを利用した場合、返済をしていかなければいけません。一般的にカードローン会社では、月に1度の返済期日を設けていて、毎月の最低返済額を設定しています。しかし中には、 ...

カードローンの歴史を知りたい方向け|消費者金融のルーツ

カードローンの歴史を知りたい カードローンの歴史を遡っていくと、人にものを貸すという行為そのものの歴史を振り返ることになります。農業や漁業などが経済の中心だったころから、食料や仕事・生活に必要な資材の ...

カードローンでポイントを貯めよう|賢いお金の借り方

カードローンでポイントを貯めよう クレジットカードなどを利用すると永久不滅ポイントなどのポイントが貯まり、様々なサービスの利用・商品との交換・ATM時間外手数料無料などの特典を受けることができます。実 ...

20代前半の頃に友人から借金、クレジットカードがあれば急な出費の…

20代前半だったころの話です。 新幹線代が足りなくなり、友人から2万円借りることに 大ファンだったバンドのライブが東京であり、地方に住んでいた私はバイト代をはたいてライブチケット、新幹線の切符、そして ...