お得にカードローン!繰り上げ返済で減額する方法をご紹介

※当メディアの価格表記は、すべて税抜です。

繰り上げ返済で減額する方法

カードローンを利用した場合、返済をしていかなければいけません。一般的にカードローン会社では、月に1度の返済期日を設けていて、毎月の最低返済額を設定しています。しかし中には、この最低返済額以上に返済できるだけの資金的な余裕が生まれることもあるはずです。その場合には、繰り上げ返済をしていきましょう。繰り上げ返済をすることで、当然のことながら債務を減額できます。この債務を減額することが、今後の返済負担をさらに軽減してくれます。 カードローンには、返済日と締日があります。締日とは、翌月の返済時にかかる利息の計算を行う日程をさします。締日時点でどれだけの債務があるかによって、翌月の利息額が決まるシステムを採用しています。このことを頭の中に入れておけば、効果的な繰り上げ返済による減額方法がわかるはずです。締日の前になるべく繰り上げ返済をして元金を減らせば、利息は残債に対して一定の割合で発生するわけですから翌月の利息の支払額を減額できます。たとえば、毎月の返済額の数か月分のかなり大きなお金を臨時収入があったからといって繰り上げ返済しても、それが締日の後になると翌月の利息の減額効果は思ったほどではないことになるわけです。 実は締日の前か後かで、利息額に時として大きな違いが生じる可能性があります。特にそれなりのまとまったお金の借入をしている場合には、利息の差も大きくなる傾向があります。その結果、総返済額にかなり大きな違いが生じることもあります。そこで繰り上げ返済をする時には、カードローン会社の締日がいつになっているのかを確認しておきましょう。ホームページを確認すれば掲載されているはずですし、見つからないのであれば直接質問すれば答えてくれるはずです。 繰り上げ返済の基本は、あくまでも余剰資金が生じたときに返済をすることです。毎月の生活費とレギュラーで返済をするために必要なお金には決して手を付けないようにしてください。生活費に手を付けると、給料日前になって資金が底をついてしまう恐れが出てきます。その結果、カードローン会社に新規の借り入れをする羽目になってしまいかねません。その結果、せっかく前倒しでお金を返してもその効果がほとんどなくなってしまうこともあります。特にカードローンの場合手軽に借り入れできる分、お金の出入りが激しくなるといくら借りていくら返済したかがよくわからなくなることがあります。家計簿などをつけて、家計の状況をきちんと理解した上で、身の丈に合った返済計画を立てることです。

関連記事

学生時代、趣味や遊びに出費してお金に困った生活をしていた話

目次3回の転職の後、収入や生活基盤も安定してきました大学生の頃、バイト代や奨学金を趣味の音楽に使っていました奨学金は今でも毎月返済して、あと少しで完済します 3回の転職の後、収入や生活基盤も安定してき ...

カードローンの歴史を知りたい方向け|消費者金融のルーツ

カードローンの歴史を知りたい カードローンの歴史を遡っていくと、人にものを貸すという行為そのものの歴史を振り返ることになります。農業や漁業などが経済の中心だったころから、食料や仕事・生活に必要な資材の ...

カードローンでポイントを貯めよう|賢いお金の借り方

カードローンでポイントを貯めよう クレジットカードなどを利用すると永久不滅ポイントなどのポイントが貯まり、様々なサービスの利用・商品との交換・ATM時間外手数料無料などの特典を受けることができます。実 ...

20代前半の頃に友人から借金、クレジットカードがあれば急な出費の…

20代前半だったころの話です。 新幹線代が足りなくなり、友人から2万円借りることに 大ファンだったバンドのライブが東京であり、地方に住んでいた私はバイト代をはたいてライブチケット、新幹線の切符、そして ...

サービス豊富なカードローンはどこ?|豊富な提携サービスを利用しよう

サービス豊富なカードローンはどこ? カードローンを利用する際、キャンペーンや提携サービスの豊富な会社を選択するとよりお得にお金を借りることができるようになります。まずは様々な消費者金融会社・カードロー ...