医療費の立替払いで100万円の現金が必要に、高額決済の時は支払方法を事前に確認すべき

※当メディアの価格表記は、すべて税抜です。

私は30代前半の会社員男性です。今から5年以上前の就職して2年目ぐらいの話になりますが、医療費の立替払いにより急にお金が必要になりました。

医療費の立替払いで100万円の急な出費、親戚の叔父に借り入れることに

私が就職して社会保険になった後、自分の親を社会保険の扶養に入れる手続きを行っていました。その手続の最中で、まだ社会保険の保険証が届く直前に、親が病気により手術をし、国保の保険証を提示して医療費を支払いました。手術であっても高額療養費や限度額認定証の制度により自己負担額は10万円以下に抑えられます。しかし、立替払をするので100万円近くの医療費を国保に対して支払わなくてはならなくなりました。

さすがに当時の自分の貯金ではかなり厳しい金額でした。まだそこまで著金額が貯まっていなかったわけではないですが、かなりの痛手だったので、どうしようか悩みました。しかも、立替払いは待ったなしでした。職場のほうからはあまり待つことはできないとのことで、支払う必要が分かってから1週間以内に支払わなければなりませんでした。

結局は自分と親戚の叔父にも協力いただき、何とか期限までに支払いました。もちろんおじさんにはその後で返済しました。

高額支払いの際は、支払い方法をインターネット等で確認するようになった

こうなった要因は明らかに私の知識不足であり、本当に反省しました。今考えると、病院に保険の切り替え手続き中である旨をあらかじめ話しておけば、このようなことにはならなかったことと思います。

急にお金が必要になったのはこのときが最後であり、キャッシング等を利用したことは1度もありません。今後、このようなことがおこらないようにするため、特に高額の支払いをするような場合は、正しい支払い方法であるか等を事前によく調べるようになりました。

家族でもお金に対する話をよくするようになりましたし、インターネット等でもお金に対することをよく調べるようになりました。また、当時よりははるかに貯金額も増えたので、不測の事態に対する対応は十分にできることと自負しています。それでもいつ何時お金が必要になるか分かりません。今後ともお金の管理はしっかり行い、お金のことで焦るようなことがないように心がけていきたいと思います。

関連記事

学生時代、趣味や遊びに出費してお金に困った生活をしていた話

目次3回の転職の後、収入や生活基盤も安定してきました大学生の頃、バイト代や奨学金を趣味の音楽に使っていました奨学金は今でも毎月返済して、あと少しで完済します 3回の転職の後、収入や生活基盤も安定してき ...

お得にカードローン!繰り上げ返済で減額する方法をご紹介

繰り上げ返済で減額する方法 カードローンを利用した場合、返済をしていかなければいけません。一般的にカードローン会社では、月に1度の返済期日を設けていて、毎月の最低返済額を設定しています。しかし中には、 ...

カードローンの歴史を知りたい方向け|消費者金融のルーツ

カードローンの歴史を知りたい カードローンの歴史を遡っていくと、人にものを貸すという行為そのものの歴史を振り返ることになります。農業や漁業などが経済の中心だったころから、食料や仕事・生活に必要な資材の ...

カードローンでポイントを貯めよう|賢いお金の借り方

カードローンでポイントを貯めよう クレジットカードなどを利用すると永久不滅ポイントなどのポイントが貯まり、様々なサービスの利用・商品との交換・ATM時間外手数料無料などの特典を受けることができます。実 ...

20代前半の頃に友人から借金、クレジットカードがあれば急な出費の…

20代前半だったころの話です。 新幹線代が足りなくなり、友人から2万円借りることに 大ファンだったバンドのライブが東京であり、地方に住んでいた私はバイト代をはたいてライブチケット、新幹線の切符、そして ...