住宅購入の際に両親から20万円の借金、2度と借金はするまいと決意

※当メディアの価格表記は、すべて税抜です。

注文住宅の手付金が足りず、親から20万円借入れ

注文住宅を購入しようと思って、契約段階で手付金の20万円が必要になりました。もともと貯金事態もほぼない状態だったのですが、家を購入する時期にその時期を逃すことができず、だからと言って、最後の20万円がどうしても足りない状況で、どうしようかと悩んでいました。

とりあえず、母親に相談して、すぐ返済してくれるならと、20万円全額を貸して貰う事になりました。そして、無事契約を終わらせ、引き続き家の計画を進めていきました。

家を購入してから、妊娠が発覚し、ちょうど家が出来上がる頃に出産予定日が重なり、たかだか20万円と思っていたのですが、返せるだろうかと段々不安になっていきました。しかし、そこは母親に借りたのだからと家の新築祝いにしてもえないかな、などと呑気に考えていた自分もいました。

母親からの借金を完済、これを機に身内からの借金はやめようと決意

そして、家も完成し、出産も無事に済み、母親からの20万円を返さなければならない状態になってきました。最初は、出産もあるし、家を建てたばかりで物入りになるからと、もう少し先で返済してくれたらいいよと言うことになりました。

しかし、現実は予想以上にお金が必要となり、たかだか20万円がすごく膨大なお金に見えてきて、分割ではダメかと相談しましたが、一括で返してほしいということで、ボーナスまでの貯金とボーナスの補てんで返すことを決めました。また、新築祝いがまだもらえてなかったので、その20万円でチャラにしてくれないかと言ってみましたが、それは無理だと言われました。親ならそれくらい出してくれてもいいのにと、期待していたのですが、甘えてた自分に失望しました。

それから月日が過ぎ、ボーナス時期がやってきて、やっとの思いで、母親に返済することができました。契約してから1年以上の月日がかかっての返済でした。母親にももう少し早く返済してほしいとかなりぼやかれてしまいました。出産もあったのに仕方ないじゃないかと心の底では思っていたのですが、ひとまず、ありがとうと、事の一件は終了しました。

そのあとが問題だったのですが、20万円返済した後に、やっと新築祝いがもらえたのですが、それが10万円でした。それなら、最初から10万円だけ返してくれたらいいよと言ってくれたら、気持ち的にもずいぶん楽だったのに、なんだかなあと言う複雑な気持ちになりました。親だからと甘えて部分もあったのですが、これを機に、自分の身内であろうが、お金を借りることはやめておこうと強く思いました。

関連記事

学生時代、趣味や遊びに出費してお金に困った生活をしていた話

目次3回の転職の後、収入や生活基盤も安定してきました大学生の頃、バイト代や奨学金を趣味の音楽に使っていました奨学金は今でも毎月返済して、あと少しで完済します 3回の転職の後、収入や生活基盤も安定してき ...

お得にカードローン!繰り上げ返済で減額する方法をご紹介

繰り上げ返済で減額する方法 カードローンを利用した場合、返済をしていかなければいけません。一般的にカードローン会社では、月に1度の返済期日を設けていて、毎月の最低返済額を設定しています。しかし中には、 ...

カードローンの歴史を知りたい方向け|消費者金融のルーツ

カードローンの歴史を知りたい カードローンの歴史を遡っていくと、人にものを貸すという行為そのものの歴史を振り返ることになります。農業や漁業などが経済の中心だったころから、食料や仕事・生活に必要な資材の ...

カードローンでポイントを貯めよう|賢いお金の借り方

カードローンでポイントを貯めよう クレジットカードなどを利用すると永久不滅ポイントなどのポイントが貯まり、様々なサービスの利用・商品との交換・ATM時間外手数料無料などの特典を受けることができます。実 ...

20代前半の頃に友人から借金、クレジットカードがあれば急な出費の…

20代前半だったころの話です。 新幹線代が足りなくなり、友人から2万円借りることに 大ファンだったバンドのライブが東京であり、地方に住んでいた私はバイト代をはたいてライブチケット、新幹線の切符、そして ...