飼い犬の病により手術費17万円が必要に、カードローンを利用して解決しました

※当メディアの価格表記は、すべて税抜です。

私は現在、43歳になる普通のサラリーマンです。今では子供も自立して家を出ていきました。妻と2人暮らしとなって最初は良かったんですが、徐々に子供がいなくなったことで寂しくなっていきました。どうしたらこの寂しさを埋められるだろうと思って妻と考えた結果、犬を飼うのがいいのではないかという結論に達したのです。

飼っていた犬が急な病、保険に入っていなかったため手術費用が17万円も必要に

すぐにペットショップに行って、犬をいろいろ見てみました。どの犬も可愛くて目移りするほどでしたが、一匹だけ変わった犬を発見したんです。その犬は左右の目の色が違っていて、しかもちょっと人見知りな感じでした。犬種はチワックスというミックス犬です。でも妻とこの犬が欲しいと意見が一致、その日からその犬が我が家の一因となったのです。

名前はタロウと命名しました。最初は人見知りだったタロウも徐々に我が家に慣れてくると、心を開いたようにはしゃぐようになりました。その可愛さは、自分の子供以上といっても過言ではないくらいでした。私たちは出かけるときもタロウと一緒です。そうでないと、泣いてしまって私たちから決して離れようとしないからです。妻も私もこの子にとても癒されるようになり、かけがえのない存在になっていきました。

そんな幸せな生活を続けていたある日、タロウの様子がおかしくなったんです。急にお腹が痛いような仕草をするのですぐに病院へ連れて行きました。すると、お腹に膿が溜まっているという診断が下されてしまったのです。手術すれば命に別状はないとのことで少しほっとしましたが、手術費用が入院費なども含めると17万円もするとのこと。あまりの料金の高さにびっくりしてしまいました。私は犬にも保険があることを知らずに、無保険でいたのです。

カードローンで10万円借入れ、犬の手術が無事完了

急な出費でとても困りました。自分の息子にも仕送りをしていて余裕がなかったんです。でも、タロウを救わないわけにはいきません。そこで活用したのがカードローンでした。

今までまったく利用したことがなかったので使えるのかどうか心配でしたが、無人契約機のガイダンスに従って操作したらあっという間にお金が借りられてしまったんです。金額は10万円でしたが、とても助かりました。この10万円プラス会社から給料を前借りして、タロウの手術を無事にすることができたのです。

そして手術は成功。タロウは元気に私たちの元に戻ってきてくれたのです。本当にホッとしました。そしてお金を貸してくれたカードローン、会社、手術してくれた先生にとても感謝しました。この時ほど人の好意の素晴らしさっていいなと思ったことはありません。ただ、また急にこのようなことがあるかもしれないのでタロウの保険加入とお金は貯めておこうと思いました。

関連記事

学生時代、趣味や遊びに出費してお金に困った生活をしていた話

目次3回の転職の後、収入や生活基盤も安定してきました大学生の頃、バイト代や奨学金を趣味の音楽に使っていました奨学金は今でも毎月返済して、あと少しで完済します 3回の転職の後、収入や生活基盤も安定してき ...

お得にカードローン!繰り上げ返済で減額する方法をご紹介

繰り上げ返済で減額する方法 カードローンを利用した場合、返済をしていかなければいけません。一般的にカードローン会社では、月に1度の返済期日を設けていて、毎月の最低返済額を設定しています。しかし中には、 ...

カードローンの歴史を知りたい方向け|消費者金融のルーツ

カードローンの歴史を知りたい カードローンの歴史を遡っていくと、人にものを貸すという行為そのものの歴史を振り返ることになります。農業や漁業などが経済の中心だったころから、食料や仕事・生活に必要な資材の ...

カードローンでポイントを貯めよう|賢いお金の借り方

カードローンでポイントを貯めよう クレジットカードなどを利用すると永久不滅ポイントなどのポイントが貯まり、様々なサービスの利用・商品との交換・ATM時間外手数料無料などの特典を受けることができます。実 ...

20代前半の頃に友人から借金、クレジットカードがあれば急な出費の…

20代前半だったころの話です。 新幹線代が足りなくなり、友人から2万円借りることに 大ファンだったバンドのライブが東京であり、地方に住んでいた私はバイト代をはたいてライブチケット、新幹線の切符、そして ...