息子の入院で急きょ30万円の費用発生、子供のためにも貯金をしておこうと決意

※当メディアの価格表記は、すべて税抜です。

私は、金融機関に勤めており、今年で32歳になりました。主人と息子の二人暮らしをしています。現在、育児休業中です。

生後3ヶ月の息子が高熱に見舞われ、急きょ入院することに

先日、生後3ヶ月の息子が急にぐったりしてしまいました。熱を測ると38度以上ありました。休日診療を行なっている病院を探し、急いで連れて行きました。解熱剤を出されて終わりだと思ったのですが、今すぐ大学病院に行ってくださいと言われ、紹介状を書いてもらいました。 その足で、大学病院に向かったのですが、その時点で40度まで熱が上がっていました。尿も出ておらず、母乳も全く受け付けない状態で、点滴を打たなければ脱水症状を引き起こすとのことでした。だから、そのまま入院となりました。 息子のことも心配だったのですが、すぐに引き出すことのできるお金がなく、そちらも心配でした。先生からは、赤ちゃんなので医療費はそんなにかからないと言われました。しかし、個室しか空いていない上、何日間入院するかも決まっていませんでした。とりあえず、仕方がないので個室をお願いしました。

デポジットで20万円が必要になり、友人からの借金で賄う

病室に着いてから、費用の説明をされました。3日以内にデポジットとして、20万円持参するようにとのことでした。私は、そんなお金を持っておらず、主人も薄給のためまとまったお金を用意することが困難でした。 そして、恥をかくことを覚悟して、友人に電話しました。事情を話すと、心配してくれたのですが、それとお金の話は別でした。数名の友人にことごとく断られてしまいました。そして、5人程断られてから、やっと貸してくれると言ってくれた友人がいました。すぐに、20万円入金してくれました。しかも、そのうち5万円はお見舞い代として取って欲しいと、好意で言ってくれたのです。さすがに、そんな大金を貰うことはできないので、それも含めて借りた分をきちんと返さなければと思いました。

入院が長引き10万円余計に費用が発生、子供のためにもいざという時のために貯金をしようと決意

そして、数週間待てば、育児休業給付金が入るので、それが入り次第返すことにしました。息子の入院は、思いの外長引いてしまい、更に10万円程かかってしまい、それは何とか自分で工面しました。入院が長引いてしまうという思わぬ誤算があったため、すぐに返すことが難しくなってしまい、結局4ヶ月程かけて返済しました。 その時のことは、主人も私も深く反省しました。普段から、収入のほとんどを使ってしまうような生活をしていたので、いざという時のための資金を貯金するための口座を作りました。そのことがあってからは、少しずつお金を貯めるようにしています。子供ができたということに対する責任感が夫婦ともに希薄でした。

関連記事

学生時代、趣味や遊びに出費してお金に困った生活をしていた話

目次3回の転職の後、収入や生活基盤も安定してきました大学生の頃、バイト代や奨学金を趣味の音楽に使っていました奨学金は今でも毎月返済して、あと少しで完済します 3回の転職の後、収入や生活基盤も安定してき ...

お得にカードローン!繰り上げ返済で減額する方法をご紹介

繰り上げ返済で減額する方法 カードローンを利用した場合、返済をしていかなければいけません。一般的にカードローン会社では、月に1度の返済期日を設けていて、毎月の最低返済額を設定しています。しかし中には、 ...

カードローンの歴史を知りたい方向け|消費者金融のルーツ

カードローンの歴史を知りたい カードローンの歴史を遡っていくと、人にものを貸すという行為そのものの歴史を振り返ることになります。農業や漁業などが経済の中心だったころから、食料や仕事・生活に必要な資材の ...

カードローンでポイントを貯めよう|賢いお金の借り方

カードローンでポイントを貯めよう クレジットカードなどを利用すると永久不滅ポイントなどのポイントが貯まり、様々なサービスの利用・商品との交換・ATM時間外手数料無料などの特典を受けることができます。実 ...

20代前半の頃に友人から借金、クレジットカードがあれば急な出費の…

20代前半だったころの話です。 新幹線代が足りなくなり、友人から2万円借りることに 大ファンだったバンドのライブが東京であり、地方に住んでいた私はバイト代をはたいてライブチケット、新幹線の切符、そして ...