念願のマイホーム購入のためにカードローンをつかってみました

※当メディアの価格表記は、すべて税抜です。

マイホームがどうしても欲しい…

もう20年も前のことになります。「自分の家が欲しい。」そういったん思うと毎日マイホームの事ばかり考えてしまいます。主人が40才の時です。年齢的に30年の銀行ローンを組むには、ギリギリの時でした。新聞のチラシも住宅情報にばかり目がいきます。

そんなある日、やはり新聞のチラシに、わりと近くの1軒の新築住宅の情報が載っていました。「まだ、ぎりぎり頭金の分くらいしか貯金がないけれど参考にでもなれば。」と考えて、休日に家族で見に行く事にしました。

家族みんなが家を気に入ったため、両親からお金を借りる相談をしました

当時はほとんどの物件で購入価格の2割の頭金が現金で必要で他にも、税金、手数料、火災保険料などすぐ物件価格の7%から10%のお金が現金で必要になりました。見に行った物件は、思った以上に造りがしっかりしていて、見晴らしもよく、間取りもちょうどピッタリで、家族は皆、気にいりました。

その夜、昼間お会いした住宅会社の営業の方からお電話があり、私共の他にも検討されている人ができたので急いで決めて欲しいとのことでした。仕方なく、両親に急いで電話をかけて、お金を借りる約束をしました。

予想以上にお金がかかってしまい、500万円があっという間にになくなってしまいました

翌日10万円の手付金を支払い書類などを用意して届けました。銀行の住宅ローンの審査に通ったと、3日後には連絡があり、後日、銀行の応接間で、頭金と両親から借りたお金で諸費用を支払いました。新居の鍵を渡された時はとてもうれしかったものです。

さてそこからも大変でした。思った以上に頭金の他に諸費用などお金がかかりました。契約印紙税、登記費用、ローン保証料、火災保険料、ローン事務手数料、不動産会社への仲介手数料などで両親からいそいで借りたお金500万円もすでに無くなっていました。

数日後は引っ越し予定日です。これも引っ越しの業者の方に現金でお支払いの約束をしていました。手持ちのお金が少なくなりましたので、あれこれ考えて電話帳で調べたリサイクル業者の方に来ていただくことにしました。額縁入りの絵をお金に換えていただきました。

昔は質屋さんが今より多く残り、キャッシングもカードローンもあまり普及していませんでした

そのリサイクル業者の方に言われて、銀行系のクレジットカードの事を思い出し、銀行に確認したところ、カードローン機能がついている事がわかり、早速使い方を教えて頂き、その時始めてカードローンを使い、銀行のキャッシュコーナーで80万円を引き出した時は本当にホッとしました。そのお金で引っ越し費用と次の給料までの生活費をまかなうことができました。

今では、キャッシングもカードローンも広く普及して、多くの方が利用しています。しかし、20年前はそれほど一般的ではなかったように思います。質屋さんがまだ今より多く有った頃でした。

いざ、という時のために、持っているクレジットカードの機能を知っていれば、慌てなくて済んだのかもしれません。その後2か月で銀行のカードローンも返済し終えました。両親に借りたお金は10年位で返済し終えることができました。

関連記事

学生時代、趣味や遊びに出費してお金に困った生活をしていた話

目次3回の転職の後、収入や生活基盤も安定してきました大学生の頃、バイト代や奨学金を趣味の音楽に使っていました奨学金は今でも毎月返済して、あと少しで完済します 3回の転職の後、収入や生活基盤も安定してき ...

お得にカードローン!繰り上げ返済で減額する方法をご紹介

繰り上げ返済で減額する方法 カードローンを利用した場合、返済をしていかなければいけません。一般的にカードローン会社では、月に1度の返済期日を設けていて、毎月の最低返済額を設定しています。しかし中には、 ...

カードローンの歴史を知りたい方向け|消費者金融のルーツ

カードローンの歴史を知りたい カードローンの歴史を遡っていくと、人にものを貸すという行為そのものの歴史を振り返ることになります。農業や漁業などが経済の中心だったころから、食料や仕事・生活に必要な資材の ...

カードローンでポイントを貯めよう|賢いお金の借り方

カードローンでポイントを貯めよう クレジットカードなどを利用すると永久不滅ポイントなどのポイントが貯まり、様々なサービスの利用・商品との交換・ATM時間外手数料無料などの特典を受けることができます。実 ...

20代前半の頃に友人から借金、クレジットカードがあれば急な出費の…

20代前半だったころの話です。 新幹線代が足りなくなり、友人から2万円借りることに 大ファンだったバンドのライブが東京であり、地方に住んでいた私はバイト代をはたいてライブチケット、新幹線の切符、そして ...