ルームシェアしてた友人が家賃を滞納していたため、7万円ほど必要になりましたが、同僚にお金を借りて支払いました。

ルールシェアしてた友人が家賃を支払っていなかったため、急にお金が必要になったことがあります。

自分は翻訳会社に勤務している39歳の男性です。以前に一度だけ早急にお金が必要になったことがあります。自分がまだ独身のとき、友人とルームシェアをしていたことがありました。 当然家賃や光熱費は折半で、食費を抜かした生活費の半分のお金を自分がこの友人に渡し、友人が支払いを済ませるというスタンスを取っていました。しかしある日、自分が一人で部屋にいたときに突然ドアのベルが鳴り、外に出てみると見知らぬ女性が立っていました。 この女性はかなり怒っています。そして「もう何日も過ぎているからいい加減払ってほしいんだけど」と強い口調で自分に話しかけてきました。すぐにこの女性が大家さんで、友人が家賃を支払っていないことが分かりました。 ちなみにこの家の契約を交わしたのは友人で、自分が大家さんに会うのはこのときが初めてでした。大家さんは続けて「今日中に払ってちょうだい」といって去っていきました。自分はかなりあせりました。家賃を支払える額のお金を持ち合わせていなかったからです。ルームシェアをしている友人は不在で、すぐに家に戻ってくることは不可能です。

滞納している家賃7万円を同僚に借りて、すぐに大家さんに支払いに行きました。

それで急いで仲のよかった職場の同僚に電話をし、お金を貸してもらうことにしました。まず事情を説明してすぐにお金が必要であることを述べてから、同僚宅へ向ったのです。当時自分は車を持ておらず、遠い同僚宅まで自転車で行きました。 そして約7万円を借りて急いで大家さんの家にそのまま向い、何度も頭を下げて家賃を渡しました。当時自分はまだ働き出したばかりでしたし、親元を出て生活するのもこのときが初めてでした。それでお金の工面にはかなり苦労していたために、たった7万円でしたが誰かに頼らなければ支払うことができないという状況でした。 先にも述べたように家賃や光熱費はルームシェアをしている相手にあらかじめ渡してあるために、彼が帰宅してから事情を話し、借りたお金をすぐに同僚に返済することができました。

急にお金が必要になったけど、消費者金融のキャッシングやクレジットカードのキャッシング枠を使おうとは思いませんでした。

この当時、自分の中ではお金に困ったときにカードローンやキャッシングを利用しようという意識はありませんでした。当時はまだお金を金融機関から借りることは簡単ではないというイメージが強かったからです。 またクレジットカードを利用してお金を借りることも考えませんでした。とにかく、お金が必要になったときにすぐに思い浮かんだのが仲のよい友人に借りるという方法で、その他の手段に関しては考えませんでした。自分の場合、必要だったお金が小額だったこと、そしてこれまでに金融機関を利用したことがないという不安があったことが関係して友人に借りること意外、思いつかなかったのでしょう。 今回のことを一言で述べるなら、うっかりが招いた緊急事態といった感じでしょう。幸い、このときが最初で最後の家賃滞納で、その後このようなことは起こりませんでした。ルームメイトと自分は冷蔵庫のカレンダーに家賃を支払わなければならない日に赤ペンで丸をつけたりしてお互いそのことをかなり意識して生活していたのがよかったのだと思います。 この後自分が結婚することになったのでルームメイトとはお別れになりましたが、妻と自分はしばらくの間アパートに住むことになりました。そして自分が経験したことを活かして家賃の支払いが遅れることがないように、カレンダーにしるしをつけて支払期日を意識して生活していました。 このアパートには約6年住んでいましたが、ここを去るときに大家さんから家賃の支払いが遅れたことや滞納が一度もなかったことを褒められました。急にお金が必要になり、自分が必要な額を持ち合わせていないことはかなり大きなショックとストレスを感じてしまいます。それでなるべくこのようなことが起きないよう、注意したいです。

関連記事

念願のマイホーム購入のためにカードローンをつかってみました

目次マイホームがどうしても欲しい…家族みんなが家を気に入ったため、両親からお金を借りる相談をしました予想以上にお金がかかってしまい、500万円があっという間にになくなってしまいました昔は質屋さんが今よ ...

貯金ゼロでカードローン利用、車を現金で一括購入貯金ゼロになった…

目次車のローン、金利と手数料だけで40万円!ローンをやめて、現金で一括支払いを決意突然の出費が発生し、仕方なくでキャッシング、消費者金融は申し込まずキャッシングの返済に追われ家賃を滞納、買い物は計画的 ...

誰にもばれずにキャッシングしたい!絶対ばれない方法と3つの注意点

住宅ローンにより経済的にひっ迫、収入の減少や突然の出費などの危…

毎月13万円の住宅ローンが足かせに、収入の減少、突然の出費などに対応できずキャッシングや消費者金融の利用を決意 40歳男性会社員です。5年ほど前に転職してからは給料が減ってしまい、経済的に綱渡りの生活 ...

お金に困った時期は楽天カードのポイントキャンペーンを活用

お金がいる時が重なり、一気に生活が大変に 44歳女性でエステシャンをしています。最近一番お金に困ったときは、昨年子供が高校に入学した時に、入学準備にかかる教科書代や制服や体操服などの購入資金が予定より ...