3回以上の転職しましたが、最終的に質屋で借りたお金と、風俗店で働き始めてから生活の質が改善されました。

※当メディアの価格表記は、すべて税抜です。

はじめまして。現在、28歳の不動産の営業企画をしています。約2年ほど前に市民税・県民税の支払いで生活費が足りなくなったときの体験についてお話します。

母と家賃を折半していましたが、母の恋人の収入が激減したことでアパートは引き払って、自分は成功を求め関西に行きました。

元々は静岡県の浜松市で土地活用の営業をしていましたが、成績が出せずに退職勧奨を受け退職することになりました。そのまま静岡に残って仕事を探すことも考えたのですが、当時母親と住んでいたアパートの家賃が6万5千円。 今まで月に3万円家に入れて母親と同居していましたが、家賃の支払いをしてくれていた母親の恋人が肺ガンになって収入が激減してしまった影響で、母親側から支払いが出来ない状況になりました。 退職した直後で収入の見通しが立たずに月6万5千円の家賃は支払っていく自信はなかったですし、このまま地元に残っていてもチャンスがすぼまってしまうと感じていました。そこで母親は実家に一旦戻って生活をし、私はというと新しい人との出会いと仕事での成功を求めて関西に移り住むことに決めました。 それまで給料のうち貯蓄分は毎月定期預金の口座に振替て入金していましたが、窓口に行き約260万円全額を出金して引越ししました。移り住むにしても無職状態だったので審査の必要な賃貸アパートには入居できずに、JR芦屋駅近くのマンスリーマンションで2ヶ月くらい生活していました。 それまで極端に節約して生活していたことの反動とこの地で成功するためのセルフイメージを作るんだという理由で、1ヶ月の家賃が19万5千円の物件にはじめ住んでいました。仕事も関西に移って2ヶ月弱は全くしていませんでした。 ですが、毎日昼過ぎに起きて、日が暮れてくると居酒屋やガールズバー、カラオケなどに遊びに行っていました。欲しかったものも通販や百貨店で買物していました。

2か月、無職で遊んでいたら貯金が50万を切り、個別指導塾に転職するもブラックだったので、8日で退職しました。その間は給料は無給でした。

そんな生活を2ヶ月くらいしていると、手元の残金が50万円を切っていました。約2ヶ月分くらいの生活費です。就職活動を2週間くらいして、運良く個別指導塾の教室長候補の仕事に就けました。住んでいたのが、関西でしたが愛知県での勤務先になって転居先が決まるまで会社がホテルを用意してくれました。 年明けからはたらいたのですが、1日18時間以上の拘束時間で管理職の人間が講師の先生たちを怒鳴ったりときには殴ったりするいわゆるブラック企業でした。 その後入社して移動に必要な車は必ず用意しないといけないことや、転居費用も3万円までなど条件が全く違うことに不信感がいっぱいになり、8日間で退職しました。その間の給料は支払われていません。

市民税と県民税2期分8万9千円の支払いで、お金に困りました。質屋にロレックス入れて25万円の現金を借りて生活費にしました。

関西に戻ってすぐに求人誌で仕事を探し、2月の初日から建築測量の会社で働くことになりました。求人誌には「未経験でも月収28万以上可」と書いてあったのですが、蓋を開けてみると日当8千円で雨などで仕事が休みの日が多いと月の給料が15万を切ることも分かりました。 さらに翌月に市民税・県民税の督促で、2期分の支払い8万9千円の勧告がありました。前職で給料が支払われず、貯金を切り崩す生活をしていたため、3月末の時点で手持ちの現金が3万円ほどになりました。 手持ちの現金で家賃が用意できないことと4月15日に支払われる給料14万円くらいの給料では生活していくことができませんでした。3年半前にクレジットの残高不足のミスで事故情報が登録されてしまった影響でアコムの無人くんで10万円の融資を申請するも審査が通らずに、手元にあったロレックスのエクスプローラ1を質屋に持って行きました。 買った当時は53万8千円でしたが、25万円までなら用意できると言ってくれたので満額25万円を借りました。

風俗店で働くようになり、収入は2倍以上になりました。貯金もできていて生活が良い方向に変わりました。

4月8日に建築測量の会社は退職し、男ワークという風俗店の求人サイトで見つけた福原のソープランドのボーイスタッフの面接を受けました。面接でサイト上の勤務条件研修期間は月収31万(後に36万円)で昼食付きという願ってもないような好条件は真実だと知り、採用されて11日から働くことになりました。 月の生活費が17~18万円くらいだったので、毎月10万円以上は貯金できました。25万円借りると質屋の利息が10500円で非常に高いため、初めの給料日に一旦全額返済した後に10万円借り直しました。そして、3回目の給料で元金と利息を含めた金額を全額完済することができました。 今までの倍くらいの収入になって、貯金のスピードも生活の質も変わり、私のひとつ転機は風俗店で就職だったと実感しています。

関連記事

学生時代、趣味や遊びに出費してお金に困った生活をしていた話

目次3回の転職の後、収入や生活基盤も安定してきました大学生の頃、バイト代や奨学金を趣味の音楽に使っていました奨学金は今でも毎月返済して、あと少しで完済します 3回の転職の後、収入や生活基盤も安定してき ...

お得にカードローン!繰り上げ返済で減額する方法をご紹介

繰り上げ返済で減額する方法 カードローンを利用した場合、返済をしていかなければいけません。一般的にカードローン会社では、月に1度の返済期日を設けていて、毎月の最低返済額を設定しています。しかし中には、 ...

カードローンの歴史を知りたい方向け|消費者金融のルーツ

カードローンの歴史を知りたい カードローンの歴史を遡っていくと、人にものを貸すという行為そのものの歴史を振り返ることになります。農業や漁業などが経済の中心だったころから、食料や仕事・生活に必要な資材の ...

カードローンでポイントを貯めよう|賢いお金の借り方

カードローンでポイントを貯めよう クレジットカードなどを利用すると永久不滅ポイントなどのポイントが貯まり、様々なサービスの利用・商品との交換・ATM時間外手数料無料などの特典を受けることができます。実 ...

20代前半の頃に友人から借金、クレジットカードがあれば急な出費の…

20代前半だったころの話です。 新幹線代が足りなくなり、友人から2万円借りることに 大ファンだったバンドのライブが東京であり、地方に住んでいた私はバイト代をはたいてライブチケット、新幹線の切符、そして ...