会社の倒産を機に消費者金融とクレジットカードでキャッシング、失業保険のおかげで繋げました

務めていた会社の突然の倒産で生活に困窮。消費者金融で10万円借り入れをしたが足りず、クレジットカードのキャッシングも

8年前に勤めていた会社が突然に倒産したことがあります。会社が倒産した際に従業員にはギリギリまで何も伝えられていなかったので本当に驚いたことを覚えています。

会社が突然に倒産すると困るのは生活費です。倒産を知らされた以降は給与が支払われなかったので、いきなり生活費に困ることになってしまいます。私は独身でしたが、家庭を持っている同僚はかなり困ったと思います。

私も当時は一人暮らしをしており、家賃や水道光熱費の支払いもありましたので大変な思いをしました。貯金があれば少しは危機を乗り越えられたと思うのですが、当時の私は殆ど貯金などしていなかったため会社が倒産した月からすぐに生活が困窮しました。

仕方なく生活費を確保するために消費者金融で10万円を借り入れました。そして日雇いのアルバイトをしながら、なんとか危機を乗り越えようとしました。しかし、借り入れた10万円ではどうしても生活費が足りずにクレジットカードのキャッシングもしました。

雇用保険の失業給付を受けることができ、1ヶ月で再就職することができ再就職手当をもらい、借入を全額返済できました

あまりに突然の生活の変化に戸惑いながらも再就職するまでは切り詰めていかなければならないのです。日雇いのアルバイトも毎日コンスタントに仕事があったわけではなかったので大変な状況です。

そんな中で倒産した会社の同僚が、雇用保険の失業給付を受けていると知りました。私は雇用保険などの制度に無知だったため、雇用保険の失業給付を受けるという選択肢が思い浮かばなかったのです。

そして近所にあったハローワークで雇用保険の相談をしに行きました。会社の倒産などで失業した人には通常より早く給付がされるようです。そして私は無事に雇用保険の失業給付を受けることができました。

受給できる金額は会社員時代の給与の6~7割ほどでしたが、当時の私にとっては本当に助かりました。そして失業給付を受給しながら再就職するために就職活動をして、1ヶ月ほどで再就職することができました。

雇用保険の受給資格者は再就職が早く決まると再就職手当てというものが貰えます。私は1ヶ月ほどで再就職できたので、再就職手当てを受けとることができました。そのお金で失業した時に借りた消費者金融の借金とクレジットカードのキャッシングで借りた借金を全額返済することができました。

お金はいつ必要になるかわからない。毎月の一定の額を貯金し想定外の事態への備えを怠らない

失業して借金をぜざるを得ない状況を経験してみて思うのは、お金がいつ必要になるかわからないということです。順調な時であっても、急にお金が必要になった時に備えて貯金をしなければならないなと痛切に感じます。

現在は毎月の給与から天引きして貯金をするようになりました。いずれ急にお金が必要になっても困らない程度には貯金できるようにしていきたいと思います。

関連記事

私が旦那のキャッシングやカードローンの利用に気づいた理由

目次お金にだらしない旦那の財布からアコムのカードが出てきたもう使わないという約束を何度も破り、キャッシングを繰り返す旦那行動パターンの変化で、すぐに借りていることに気づくんです お金にだらしない旦那の ...

お金に困った時期には消費者金融のカードローンを利用しています

私は30代の男性、会社員です。お金に困った時期が長く続き、貯金は底をついてしまいました。貯金がないだけではなく、借金まで抱えてしまい消費者金融のカードローンを利用していました。消費者金融は毎月の返済日 ...

お金の借入は友人からよりカードローンでするべき、申込みから翌日…

海外旅行先でクレジットカードを利用し、ユーロ差損で9万円の追加支払いが発生 お金については、自分なりにシビアに計算して使っているつもりです。30代後半の自営業ですから、自分できちんとコントロールしない ...

クレジットカードのキャッシングから最終的に銀行のカードローンに…

投資の失敗でクレジットカードが利用停止 ネットでの投資に失敗して借金が膨れてしまいました。クレジットカードのキャッシングを支払いに充てていましたが、支払いが翌月なので遅延を起こしてしまい、一時クレジッ ...

出費が多くなる結婚式はキャッシングをして、そのお金を生活費にあ…

立て続けの結婚式で生活費がピンチ クレジットカードにキャッシング枠をつけていたのですが、今までお金を借りることはほとんどありませんでした。しかし結婚式に立て続けに呼ばれてしまい、ご祝儀などで生活費がき ...