ライブ本番前日に先輩の楽器を壊してしまい、お金が必要になりました。消費者金融でキャッシングして弁償の代金に充てました。

※当メディアの価格表記は、すべて税抜です。

プロのミュージシャンの先輩の楽器を壊してしまい、弁償するお金が急に必要になりました。

20代の女性です。バンド活動をしていて、毎日二つのバイトを掛け持ちして生計を立てています。もういい年なのですが、プロのミュージシャンになることをあきらめ切れません。 そんな不安定な生活をしている中、私は先日先輩の楽器に傷をつけてしまい、急にお金が必要になってしまったのです。しかもその先輩というのが、第一線で活躍するプロのミュージシャンなのです。 先輩は、名前を言えば音楽好きなら誰もが知っているギタリストです。本番を翌日に控え、にっちもさつちもいかなくなり、消費者金融にてお金を借りて新しく楽器を買い弁償することにしました。心も財布も大変痛い思いをしました。

ライブ前日にギターを壊してしまったので、お金の準備ができませした。すぐに消費者金融でキャッシングしてお金を準備してきました。借りたお金は今返済中です。

私はその先輩のライブの前座としてステージで歌を歌う予定でした。前日のリハーサルのときに、先輩のギターを遊び心で手にしてしまったのがすべての始まりです。先輩のギターはとてもしっくりと手になじむ、一瞬で超高級モデルとわかる品物でした。 「なんて美しいんだろう」と思って弾くマネをしたところ、手を滑らせてしまったのです。ギターは使い物にならないといわれました。弁償するには何十万円もかかりますが、私にはお金はありません。実はその場には先輩本人はいなかったのですが、マネージャーさんがいました。マネージャーさんは普段から私にはあまりよくしてくれない人です。当然その日も私に親身になってはくれませんでした。 私が悪いのはわかりきっているので、マネージャーさんには「先輩に言わないでくださいね」と言い残して消費者金融へと走りました。勿論全額を消費者金融から借りました。支払いは毎月コツコツと返済するということにしました。バイトを増やせば可能だと思います。

クレジットカードのキャッシング枠は使い方が分からなかったので、消費者金融でキャッシングしました。先輩からはお咎めはないですが、今後は貯金をして、万が一の時に備えたいです。

今までお金に困ったことがあると親に借りていたのですが、今回は急な話でしたので消費者金融にお世話になった次第です。クレジットカードのキャッシング枠を使うことも検討しましたが、仕組みがよくわからなかったのでやめました。 先輩はもともとモノに執着しない人だったということもありますが、新しい楽器をなんの疑問も持たず見事に弾ききりました。黙っていてくれたマネージャーさんにこのときばかりは感謝しましたね。私のステージもなんとか成功しましたし、先輩の笑顔を見ることが出来てとても嬉しかったです。 これから消費者金融に返済していくに当たって、使っていない私の楽器を売って返済の一部にあてようとも考えています。今後はこういったことが起こらないよう、しっかり貯金するなどして、不測の事態にも備えたいと思っています。

関連記事

学生時代、趣味や遊びに出費してお金に困った生活をしていた話

目次3回の転職の後、収入や生活基盤も安定してきました大学生の頃、バイト代や奨学金を趣味の音楽に使っていました奨学金は今でも毎月返済して、あと少しで完済します 3回の転職の後、収入や生活基盤も安定してき ...

お得にカードローン!繰り上げ返済で減額する方法をご紹介

繰り上げ返済で減額する方法 カードローンを利用した場合、返済をしていかなければいけません。一般的にカードローン会社では、月に1度の返済期日を設けていて、毎月の最低返済額を設定しています。しかし中には、 ...

カードローンの歴史を知りたい方向け|消費者金融のルーツ

カードローンの歴史を知りたい カードローンの歴史を遡っていくと、人にものを貸すという行為そのものの歴史を振り返ることになります。農業や漁業などが経済の中心だったころから、食料や仕事・生活に必要な資材の ...

カードローンでポイントを貯めよう|賢いお金の借り方

カードローンでポイントを貯めよう クレジットカードなどを利用すると永久不滅ポイントなどのポイントが貯まり、様々なサービスの利用・商品との交換・ATM時間外手数料無料などの特典を受けることができます。実 ...

20代前半の頃に友人から借金、クレジットカードがあれば急な出費の…

20代前半だったころの話です。 新幹線代が足りなくなり、友人から2万円借りることに 大ファンだったバンドのライブが東京であり、地方に住んでいた私はバイト代をはたいてライブチケット、新幹線の切符、そして ...