社会人の頃にローン返済のためにボーナスを利用、お金に困らないで生活する方法

わたしは現在44歳の主婦です。わたしがいちばんお金に困っていた時期は、短大卒業後、サービス業の正社員になって、寮には入らず一人暮らしをしていたころです。

生活費がかさみ余裕がない中、ローンで大きな買い物。借金返済のためボーナスをすべて支払いに充てる

寮生活をすれば、わずかな家賃で生活できたのですが、短大時代も寮にいたため、プライベートの時間がほしかったのです。アパートの家賃や水道光熱費等で、月の手取り金額はあっさりと消えていきました。貯金をするように上司にすすめられ、口座まで作ってもらいましたが、余裕がなく、続きませんでした。でも給料から天引きの財形貯蓄だけはかけていました。少額でも8年務めて退社したときには、ある程度、まとまった額になっていました。 8年間のOL生活の途中で、大きな買い物をローンでしてしまったことがありました。それは必需品ではなく、よく、若い人が引っかかる悪徳商法まがいのものでした。 あと、どうしてもエステに通いたくて、当時高額だったサロンに多額のお金をつぎこんだこともありました。ボーナスもちゃんと出る、有名企業に勤めていたので、ローンの申請は簡単におりました。でも、実質、月の給料は薄給だったため、すぐにローン地獄へと堕ちてゆきました。ボーナスが入っても、使えない。右から左へと支払いで引き落とされてしまう状況が、当たり前になっていました。

借金返済の過酷さから質素倹約が身に付く。ローン返済後も貯金するように。

消費者金融に借金している知り合いもいましたが、返済の過酷さを垣間見て、わたしはそれはやめました。20代初めに始まったローン地獄も、20代後半に入るころには一つ一つ終わっていきました。 気が付いたら「使わない」という習慣だけがわたしには残り、振り込まれるボーナスに手を付けることなく、次のボーナスがやってくる・・・というサイクルへと変わりました。 20代も後半になると、周りの友達は結婚し始め、遊ぶ機会もぐっと減ります。お金を使うことがなくなって、そのうち、通帳を見ながら笑って過ごす日々が、わたしにもやってきたのです。質素倹約。ツラく悲しく空しい響きでしょうが、それが根底にないと、今のわたしはなかったでしょう。

大金が舞い込んでも生活レベルを上げず、質素倹約の習慣を忘れないようにしたい

今、わたしには家庭があり、子どもが2人います。これからはこの2人に、お金の使い道を教えなければいけません。自分自身の若いころの失敗も、話してみようと思います。質素倹約。これも子供たちに躾けなければなりません。特に食事について、質素なものでも我慢ができるよう、躾けていきたいと思っています。 子どものころから贅沢なものばかり食べていると、食生活のレベルを下げることが困難になるからです。実際、質素な食事の方が、体にもいいですから。何度も質素倹約を掲げてしまいましたが、その習慣を忘れないことがポイントだと思います。 何かのめぐりあわせで大金が舞い込んでも、自分のペースを守り、習慣を守り、そこで簡単に生活レベルを上げない。そういうふうに、自分の身の丈に合った生活を心がけるのがいいと思います。

関連記事

念願のマイホーム購入のためにカードローンをつかってみました

目次マイホームがどうしても欲しい…家族みんなが家を気に入ったため、両親からお金を借りる相談をしました予想以上にお金がかかってしまい、500万円があっという間にになくなってしまいました昔は質屋さんが今よ ...

貯金ゼロでカードローン利用、車を現金で一括購入貯金ゼロになった…

目次車のローン、金利と手数料だけで40万円!ローンをやめて、現金で一括支払いを決意突然の出費が発生し、仕方なくでキャッシング、消費者金融は申し込まずキャッシングの返済に追われ家賃を滞納、買い物は計画的 ...

誰にもばれずにキャッシングしたい!絶対ばれない方法と3つの注意点

住宅ローンにより経済的にひっ迫、収入の減少や突然の出費などの危…

毎月13万円の住宅ローンが足かせに、収入の減少、突然の出費などに対応できずキャッシングや消費者金融の利用を決意 40歳男性会社員です。5年ほど前に転職してからは給料が減ってしまい、経済的に綱渡りの生活 ...

お金に困った時期は楽天カードのポイントキャンペーンを活用

お金がいる時が重なり、一気に生活が大変に 44歳女性でエステシャンをしています。最近一番お金に困ったときは、昨年子供が高校に入学した時に、入学準備にかかる教科書代や制服や体操服などの購入資金が予定より ...