食事は全てバイト先の廃棄弁当-消費者金融の利用なしに乗り切った初めての貧困生活

私は今現在大学三年生です。年齢はというと、今年で21になります。私は大学に行くお金が家にない中、上京してきたので、大学生活は学費から生活費まで自分自身で稼ぐ必要がありました。このときでも、大学一年の時が最もキツイ生活をしていました。私が大学一年の時は、まずはバイトを二つ掛け持ちをしていました。また、食費がまかなえるようなバイト先で働いていました。働いていたのは100円ローソンです。ほかには日雇いの派遣もやっていました。また、この時は奨学金を使いませんでした。(奨学金を使わなくてもやっていけると思っていたので)

食事はバイト先の廃棄の毎日

しかし、奨学金を使わないとなるとバイトだけで全てをまかなう必要があります。そのため、私は非常に厳しい生活を強いられることになりました。まずは、コンビニのバイトを毎日入れ、もしも時間が余ったら派遣のバイトをしました。食事はすべてバイト先の廃棄を食べていました。また、時々廃棄がでない時があったのでその時は食事はしませんでした。そのため、廃棄がたくさん出たときはほとんどの廃棄を持ち帰ってそれを冷蔵庫に保管して廃棄が出ないときはそれを食べていました。 また、この廃棄は賞味期限が切れているならばまだましですが、消費期限が切れているような弁当も普通に食べていました。やばい時は消費期限一週間も切れた野菜炒めや弁当も普通に食べていました。正直に言ってしまうとこのぐらい切れていると味はやばい味しかしません。どんな味かというと、野菜や肉、その他の食材の味がせずに、ただ酸っぱいというあじがしました。また匂いもやばい匂いがしました。しかし、お金がないのでこのようなことは仕方がないとは知っていたのでこういう生活を続けていました。

2年生からは奨学金をもらい、バイトは週4に

流石にこのような生活は長続きしないだろうと考えていたので、私はとにかく、2年生からは奨学金をもらうことを目標に掲げ、勉強を頑張りました。そのため、大学一年は勉強とバイトしかやっていませんでした。この勉強を頑張ったおかげで、なんとか学年で上位に入れたので、奨学金を大学からもらい、年間100万円の学費はどうにかできるようになりました。そのため、一年生の時よりはかなり生活が楽になりました。二年は生活費を稼ぐだけだったにでバイトは週で4日くらいでおさまるようになったのでだいぶ自分の時間ができるようになりました。このように私の大学生活はかなり厳しいスタートになりましたが、今はいい経験になっていると感じます。

関連記事

念願のマイホーム購入のためにカードローンをつかってみました

目次マイホームがどうしても欲しい…家族みんなが家を気に入ったため、両親からお金を借りる相談をしました予想以上にお金がかかってしまい、500万円があっという間にになくなってしまいました昔は質屋さんが今よ ...

貯金ゼロでカードローン利用、車を現金で一括購入貯金ゼロになった…

目次車のローン、金利と手数料だけで40万円!ローンをやめて、現金で一括支払いを決意突然の出費が発生し、仕方なくでキャッシング、消費者金融は申し込まずキャッシングの返済に追われ家賃を滞納、買い物は計画的 ...

誰にもばれずにキャッシングしたい!絶対ばれない方法と3つの注意点

住宅ローンにより経済的にひっ迫、収入の減少や突然の出費などの危…

毎月13万円の住宅ローンが足かせに、収入の減少、突然の出費などに対応できずキャッシングや消費者金融の利用を決意 40歳男性会社員です。5年ほど前に転職してからは給料が減ってしまい、経済的に綱渡りの生活 ...

お金に困った時期は楽天カードのポイントキャンペーンを活用

お金がいる時が重なり、一気に生活が大変に 44歳女性でエステシャンをしています。最近一番お金に困ったときは、昨年子供が高校に入学した時に、入学準備にかかる教科書代や制服や体操服などの購入資金が予定より ...